熊野灘 地魚かまぼこ 新兵衛屋
トップページへ 漁業 丸光大敷 新兵衛屋の加工技術 スライスかまぼこ レシピ集 熊野の紹介
丸光大敷

昭和40年に創業した丸光大敷(まるみつおおしき)は三重県知事許可の下、定置漁業権を有し二木島湾口に定置網を敷設しています。(右図)
熊野灘は太平洋の黒潮に面したリアス式海岸という天然の好漁場であり、タカベ・イサキ(白身)、アジ・トビウオ(赤身)などの魚は安定した漁獲があります。
また、定置網を敷設している場所は、南東側に位置する島により年中、風(波)の影響を受けにくい好条件を有しており、比較的年間を通して安定した漁獲を確保しています。

丸光大敷は、地域内の同業者の多くが廃業に至っている中、創業当時からエサ用の雑魚も獲っていた経験があり、現在では地域で唯一の小型定置網業者です。

夜が開ける前に出航します。

定置網をたぐり寄せる作業

2つ目の定置網での作業

網をたぐり寄せると魚が水しぶきをあげて見えてきます。

魚を網ですくいあげます。 美しい海岸線の二木島湾
定置網から離れ、港に戻ります。 港に向かう船

船の生け簀ごとに魚が分けられています。

魚の仕分けがおこなわれ競りに出されます。

二木島の位置図
連携事業に係る工夫>>漁獲

連携事業に係る工夫>>鮮度保持・管理

現状と課題、及び連携の経緯

商品を購入する

||  会社概要  ||  お問合せ  ||  ご利用方法・配送・お支払方法  ||

ページ先頭へ戻る
農林水産省と経済産業省の農商工連携事業の認定を受けました。 熊野灘産地魚を使用した新感覚スライスかまぼこ等の製造・販売事業

有限会社 浜地屋
〒519-4325 三重県熊野市有馬町690 電話:0597-88-0171 FAX:0597-88-0172